Linuxのコマンドを覚える

アプリケーションの開発において避けては通れないLinux

Dockerを使う前にLinuxを勉強しろと言われていますが、何を勉強しないといけないのか分からない人が多いと思います。
私もそうです。

とりあえずは「コマンド」を覚える必要があります

Dockerは基本的にコマンドラインで操作するのでコマンドでの操作が必要不可欠です。
最低限のコマンドを覚えておけばとりあえず使う分には困らないと思います。
私は最低限しか覚えられていません。

コマンドの後ろにつける「オプション」というものがあるのですが、まだそれを活用するレベルに至っていないので紹介は省かせていただきます。

ちなみに「ディレクトリ = フォルダ」と思ってもらっていいです。
CUIではディレクトリ、GUIではフォルダと呼ぶみたいです。厳密には違いがあるようですがただ使う分には意識しないでいいと思います。

pwd:作業ディレクトリ表示

「print working directory」

現在の作業ディレクトリを表示するコマンドです。
作業中に現在のディレクトリがわからなくなることは少ないと思いますが、いざというときに助かります。
実際はコマンドラインの左端に作業ディレクトリが表示されているのであまり使ったことはないです。
「カレントディレクトリ」という言葉がありますが、それも作業中のディレクトリを指す言葉です。

$ pwd
/User/*ユーザー名*

上記のような使い方になります。
コード上の「$」はコマンド入力の行という意味で、入力する必要はありません。

cd:ディレクトリ移動

「change directory」

名前の通りのコマンドです。
もっとも使用するコマンドのひとつです。

$ pwd
/User/example
$ cd test
$ pwd
/User/example/test

移動したいディレクトリ名を後ろにつけることで作業ディレクトリの移動ができます。

$ cd test/inner
$ pwd
/User/example/test/inner 

当然ですがパスを指定することで移動先にあるディレクトリに移動することもできます

ls:フォルダ内表示

「list segments」

現在の作業ディレクトリの中身を表示するコマンドです。

$ pwd
/User/example
$ ls
test sample

上記では「example」ディレクトリにある中身を表示しています。
コマンド上で確認できるとカーソルを動かす手間が省けるのでとても便利です。

mkdir:ディレクトリ作成

「make directory」

ディレクトリの新規作成をするコマンドです。

$ ls 
test sample
$ mkdir test2
$ ls
test test2 sample

「mkdir」の後ろに作成したい名前を入力します

touch:ファイル作成(タイムスタンプ更新)

ファイルの新規作成をするコマンドです。

が、本来このコマンドはファイル作成をするものではありません。
「タイムスタンプを更新する」というものですが対象のファイルがない場合は、新規作成したファイルのタイムスタンプを更新します。
これで見た目上はファイルが新規作成されたように見えます。

$ ls 
test sample
$ touch index.html
$ls
test sample index.html

「touch」の後ろに作成したいファイル名を拡張子まで入力します。
ディレクトリではなくファイルなので拡張子は忘れないようにしてください。

今回はここまで

タイトルとURLをコピーしました